食わず嫌いの克服

高校生の時から村上といえば龍派だと答えてきたけれど、

ここ数年村上春樹を読んでみてたい欲に駆られていた。

昔ノルウェイの森を読んで、なんだか肌に合わない気がしてからずっとつまみ食い嫌いをしてきた。

在宅WORKのせいで規則正しくなった生活のおかげで夜の自由時間が少し増えたので

思い切って村上春樹を呼んでみることにした。

最初は長編はやめておこうと選んだのが”国境の南、太陽の西”。

なんとなく予想はしていたけれど、とてもよかった。

昔は刺激が少ないと思っていたけれど、とても心地の良い文章と描写、

自分が歳を重ねたせいもあるかもしれないけれど少しばかりの親近感を持って、

あっという間に読むことができた。

ここ数年はビジネス書ばかり読んでいて少し窮屈な読書をしていたけれど、

これを機にまた物語をたくさん読んでみたいと思う。

Comments are closed

© 2013-2019 toolbox press

instagram